NISHIZAWA
Profile Company Works Message Contact
Works 特殊
 WARE HOUSE(物置) … 母をしのぶ収納庫

■WARE HOUSE Data
所在地 千葉県船橋市
構造・規模 W造 地上1階(ロフト)28m2
工期 1998.11 〜 1999.2
施工 新日本ワークス
WARE HOUSEは9坪弱の本当に小さな物置である。施主の御母堂が生前使っていた品々を収納しておく所として「母をしのぶ」ために計画された。
この物置は時にはゲストルームとしても使えるように洗面所のみ設けることにした。用途の性質上コストをおさえなければならず、外壁にはモルタル素地を櫛引きにした。残りの外壁はガルバリウム小波板を使い全体を深いグレーのメタリックな感じとした。特別な色彩を用いず、周囲の環境に溶けこみながら倉庫の持つ無言の強さを表現することができたようである。
屋根はきわめて単純な片流れであり、室内の天井もその勾配に沿って上部をロフトスペースとして空間に立体的な変化をもたせた。
ロフトの先端の壁はガラス壁とし、上空の彼方へ抜けるように遠く亡き母の姿をそこに想い浮かべることが出来るであろう。


 



(C)2005 NISHIZAWA.All Rights Reserved.