NISHIZAWA
Profile Company Works Message Contact
Works 特殊
  PSI Net 東京ホスティングセンター … ハイセキュリティーのデータセンター

■PSI Net 東京ホスティングセンター Data
所在地 東京都内
構造・規模 SRC造 4,600m2
工期 1999.8 〜 2000.3
施工 建築/エフエムリンク・オフィス総研・三菱倉庫 JV
電気/明電舎・若林電気 JV

ビーエスアイネット社は米国最大の独立系商用インターネットプロバイダーである。東京都内にワールドクラスの大規模なデータセンターを完成させた。同センターは既に稼働中のアメリカ、カナダ、イギリスに続く世界で4番目のもので、規模とセキュリティ及び機能面で世界に誇る最先端の設備を有している。
e-commerce時代の到来にともないデータセンターは情報の発受信基地として大規模高信頼の環境を求められ、また情報インフラの心臓部としてあらゆる災害にも安全な構造物に設計されなければならない。運営面においては24時間365日の体制のもと水も濡らさない厳重なセキュリティにより外部からの防御を考えている。いわば要塞のような構築物の設計である。
電気は2回線受電とし、幹線およびサーバー空調の分電盤までの二重化を必要とする。特に2系統の独立したCVCFユニットの供給を可能にする発電機、UPSなどの予備機切り替えは無瞬断切り替えが重要となることは言うまでもない。非常用発電機はサーバー空調の全負荷をまかなえる最大量とする。
空調はサイト条件に合わせた高信頼のものを選定し、その構成機器は二重化と複数台の予備をそなえている。
通信は衛星回線を地上回線のバックアップとして複数系対応を可能にさせるようにする。
セキュリティは階層ゾーン区画管理をし、バイオメトリック又はワイヤレスカードによる識別管理をする。
電磁環境の確保のための電磁ノイズの遮蔽対策、情報漏洩防止対策も厳重に計画されている。
建築ゾーニングとしてはオフィスエリアとサーバーエリアを機能分離させ、ラックの配置構成に追従できる自由度の高い空間に分節化する。さらにユーティリティとサーバーはリアルタイムな遠隔監視を制御機能によって良好な環境を構成している。
今後ますます増大するであろうインターネット通信はIT革命とまで言われているが、データセンターは世界に向けた21世紀のネットワークビジネス化に対応させるため顧客に対して安全、信頼性のおける施設として高度な機能が要求されることは言うまでもない。




(C)2005 NISHIZAWA.All Rights Reserved.