NISHIZAWA
Profile Company Works Message Contact
Works 病院建築
 釧路第一病院 … 印象的なブルーの外観をもつ病院

■釧路第一病院 Data
所在地 北海道釧路市
構造・規模 RC構造 地下1階 地上4階 3.036m2(増改修部300m2
工期 1999.9〜1999.12
施工 清水建設(写真上)
アライブ心(写真下)
院長の柴田先生は、日本で初めての心臓外科移植をされた和田寿郎博士の門下生で、研究室を出たあと、若くして35才の時に当病院を開設された。
私は当初の設計からまかされており、30年を経た今、傷みが散見されるようになり、年次計画で改修と増築をすることになった。
今回は手術室等の改修と食堂の増築を行った。病院は療養型病床群転換としての機能を満足させるため、患者1人当りの食堂の面積を1m2以上の比較的余裕のあるスペースとして計画した。インテリアは落ちついた明るい木質系と白い塗装によって清潔感を強調した。排煙設備の規則により一部トップライトを設け、吹抜状の妻壁には院長夫人の着物の帯をタイペストリーとして提供していただいた。
北面は結露と寒さを防ぐためガラスブロックを採用し、南面は開放性をもたせるため、中庭を透視するように大きなガラス窓とした。
秋には北国のナナカマドの木が赤い実をたわわに付け大きな窓辺を赤く染めあげるであろう。





(C)2005 NISHIZAWA.All Rights Reserved.