NISHIZAWA
Profile Company Works Message Contact
Works 病院建築
 医療法人財団敬寿会 相武病院 … 都内有数の特殊疾患療養型病院

■相武病院 Data
所在地 東京都八王子市
構造・規模 RC構造 地下1階 地上4階 10.533.508m2
工期 1999.5〜2000.8
施工 青木・三平・田中JV
相武病院は療養型病床群転換の病院として開業10年目でその機能を一新し充実させることにした。
既存の敷地は余裕のない状況のため、隣接する山を削り建設地を確保することにした。
削りとった土砂は約5万m3にも及び開発工事に相当な期間とコストを要した。開発に伴う自然保護のためのビオトーブを積極的に確保し自然生態系の破壊を最小限にとどめる努力をした。
建物の配置は敷地の高低差を生かして計画し、既存建物との立体的な使われ方ができるよう配慮した。
増築棟は既存棟を抱きかかえるように90°に配置し、透明感のあるブリッジで連結している。病室は4床とし1床当たりの面積は6.4m2にした。廊下も含めて全体がゆったりしたスペースを確保した。
当病院は長期の療養に機能するように病棟単位の環境設計にも力点を置いた。
病棟の振り分けを上限の60床を切るようにし病棟を54床でレイアウトした。すべての階をこれに統一、それによる職員スタッフの労働力のバランスと平均化を考えた。
建築基準法が「仕様規定」から「性能規定」へ大きく方針を変えていくことに鑑みて、これからの病院環境はアメリカやイギリスで行われているように、たとえば「適切な医療看護と患者の快適な入院生活が家族を含めて実現できる広さを確保する」といった空間デザインのあり方を真剣に検討すべき時代になってきていることは事実である。




(C)2005 NISHIZAWA.All Rights Reserved.