NISHIZAWA
Profile Company Works Message Contact
Works 一般住宅
 千駄木の舎 … 効率的な都市型住宅

■千駄木の舎 Data
所在地 東京都文京区
構造・規模 W構造 地上2階 130m2
工期 1999.10〜2000.4
施工 FEC
文京区に住みたいという施主の強い想いがかなえられ、森鴎外記念館の近くに30坪の土地を求めることができた。千駄木のあたりは場所柄これ以上の大きい土地はなかなか求めにくい所らしい。与条件の土地に当然のことながら最大限の床面積をいかに計画するかというプランとの格闘が始まった。施工業者は建築条件を営業戦略とする、いわゆる建て売り業者であるため一般的設計との齟齬をなくすよう、相手の立場も考慮しながら努力したつもりである。
稠密した所に計画する都市型住宅に言えることは、小さな部屋をつくらないことである。大きな網をかぶせ大胆にゾーニングして、その空間の連なりにどれだけの光の切り込みとダイナミズムを挿入していくかによって設計の基本は決まっていくものである。
この住宅はほぼ正方形をなし、その中央部に方向性のもたない螺旋階段を設定した。すべてのスペースはこの螺旋階段によって導かれ決定されていく。この方法はパラディオの古典的手法に似ているかもしれない。各室は階段を中心にほぼ対称形をなしている。この住宅の空間的秩序はそれらの空間構成によって成立しているといえる。
2階にある居間と連続するバルコニーは2本の打放しコンクリートによって支えられ、この住宅の強い意志を表現している。食堂、居間、バルコニーの連なりは非常に開放的であり、30坪の土地の狭さを打ち消す効果をもっている。稠密化された都市住宅におけるひとつのあり方として提案したい。


▲螺旋階段 ▲2Fリビング ▲2Fダイニング ▲バルコニー



(C)2005 NISHIZAWA.All Rights Reserved.